手作り猫ごはん奮闘記 > スポンサー広告 > 手作り猫ごはんは地道に始めましょう

手作り猫ごはん奮闘記 > 手作り猫ごはん初めの一歩 > 手作り猫ごはんは地道に始めましょう

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作り猫ごはん初めの一歩

手作り猫ごはんは地道に始めましょう

前日、見事なまでに完敗をきした手作り猫ごはん初日ですが、
そのときの愛猫、瑠季の様子はある意味面白かったです。

チラ、と、自分の皿に盛られた(盛りようがない状態ですが^^;)
どう見てもよどんだ青汁のような物体を一瞥した後、
母の顔を見て

ねぇー、アンタ!これ自分で食べられるの!?

と言いたげな目をしてひと鳴き「みぁ・・・」

あい、すみませぬ・・・。

すごすごとお皿を片付け、お気に入りのナチュラルバランスチキン(ウェット)を食していただきました。

そして二日目。
昨日の反省点を踏まえ、まずは食材そのものに慣れていただこうと初心に帰る母でした。

もともと瑠季は、マグロの刺身や焼き魚には目がなくて、
それらが食卓に上ると

「アタチの分はーーーっ!」とものすごく催促します。

今さら試さなくても瑠季が食べると分かっているのは
マグロ、イワシ、サンマ、ブリ、鶏肉です。

さて、問題の野菜ですが、「これも食べ物なんだよ」
とわかってもらうため、ごくごく少量からキャットフードに混ぜ込む作戦に出ました。

小松菜の葉っぱの部分を茹でて、ひたすら細かく切りました。
みじん切りではなくて、まな板の上でペーストになるくらいに(^^;)
それを一番食いつきの良いアイシア Miaw Miaw(ミャウミャウ)にまぜまぜ、まぜまぜ・・・。

この作戦は成功です(やったーっ!)

次の日も同様に、小松菜の味に慣れさせます。
3日目は人参に挑戦。
OK!

1週間ほど、そんな感じで野菜の味を舌に覚えさせました。
(猫が味わっているかどうかは知りませんが・・・)
野菜を異物として感じなくなったのか、
取り除けないくらい細かくしたから仕方なかったのかはさておき、
まぁ野菜も食べるということが判明したので良しとします。

その間は混ぜ込むキャットフードはなるべく総合栄養食にしました。
一般食の場合はあとで「おやつ」としてドライフードをポリポリ。

瑠季は慢性腎不全の初期と診断されたので、ドライフードは
【食事療法食】猫用 k/d ドライ

こちらを与えていました。
本当はドライフードだけを食べるのは避けたいのですが、
ふやかすと見向きもしないので仕方ありません。
幸い、瑠季の場合比較的水を飲むので少量なら大丈夫でしょう。

最初の1週間が過ぎ、ごく細かくすれば(米粒くらい)野菜を食べさせることが出来ると実感し、
翌週からはテキトーに数種類の野菜を混ぜ込みました。

わざわざ愛猫のために少量ずつの野菜を使うのではなく、
その日のヒトのごはんで使う食材を使いました。
冷蔵庫にあるものを適当、適当。

でも、その場合気をつけなければならないのが、

様が食べてはいけない食材!

ネギ類は有名ですが、けっこうヒトの料理には重宝するんですよねー。
ネギ類は、直接与えなくても一緒に調理しただけで成分が残ります。
様の野菜を茹でるときには、決して一緒に突っ込んだりなさらぬよう・・・。

こちら↓猫様が食してはいけない食材です。
★玉ねぎ、長ネギ、ニラ、ワケギ、らっきょう、アサツキ、ニンニクなどのネギ類
ネギ類に含まれるアリルプロピルジスフィドは赤血球を壊す働きをします。加熱してもNGです。

★あわび、さざえ、とこぶしの内臓(わた)
光線過敏症の原因になります。

★生のイカ、タコ、エビ

★生卵の白身

★スナック菓子、チョコレートやカフェインを含む飲み物
もちろん清涼飲料水やアルコールも!
与える必要は全くなし!と思いますが・・・。


★魚や鶏の骨(特に鶏の骨は注意!しっかり取り除きましょう)

★人間用に加工された食べ物
塩分が多すぎます。

その他注意点は、なす・ピーマン・じゃがいもなど
ナス科の野菜を与えるときは必ず加熱をしてください。
(関節炎や寄生虫がいるときはNG)

キャベツ・カブ・ブロッコリー大根などアブラナ科の野菜に含まれるゴイトリンという成分は甲状腺に悪影響を与えます。
健康な子なら少量はOKですが、甲状腺に異常のある子、高齢ニャンコには避けたほうがいい食材。

また、に生肉を与える場合も豚肉だけはよーく火を通してくださいね。
青魚ばかり食べていると黄色脂肪症(イエローファット)という病気になるとか、加熱したイカやタコは食べてもよい食材ですが、
やはり食べ過ぎると消化器官に負担がかかりすぎます。
なんでも、偏食はよろしくありません。これは人間と同じです。
いろいろな食材をバランスよく食べることが、リスク回避につながると思います。
スポンサーサイト

<<手作り猫ごはんで水分をしっかり摂ってもらいましょう手作り猫ごはん奮闘記手作り猫ごはんスタート!(玉砕編)>>

<<手作り猫ごはんで水分をしっかり摂ってもらいましょう手作り猫ごはん奮闘記手作り猫ごはんスタート!(玉砕編)>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くるんママ

Author:くるんママ
愛猫瑠季(16歳♀)の健康管理のため、手作り猫ごはんに挑戦しています。腎疾患が発覚したけど、元気に長生きしようね♪現在は4歳の小僧とツンデレお姫の3匹の手づくりごはんに奮闘中!

食材にも気をつけたい

自然派ペット用品

処方食・サプリ

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。