手作り猫ごはん奮闘記 > スポンサー広告 > 愛猫の好きなごはんって?

手作り猫ごはん奮闘記 > 手作り猫ごはんのきっかけ > 愛猫の好きなごはんって?

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作り猫ごはんのきっかけ

愛猫の好きなごはんって?

手作り猫ごはんに挑戦しようと思ったきっかけのひとつ。
それは、ロンが慢性腎不全による尿毒症で自分でごはんを食べることが出来なくなってしまった時、
獣医さんに言われた一言。
「ロン君の好きなものを食べさせてください」

ロンの好きなものがわからない・・・。

ロンはドライフード、カリカリが好きで、たまにマグロの刺身や焼き魚を目の前に置いてもまったく見向きもしませんでした。
彼がまだ1歳くらいのとき、一度手作りごはんに挑戦したことがありましたが
鶏肉を使っても牛肉を使っても魚を使ってもすべて玉砕しました
当時(15年前)は猫の手作りごはんに関してもそれほど情報がなく、
1冊の書籍を購入して試してみました。
(もう手元にありませんので書籍名は不明です)

そんな経験もあったので、ロンに手作りごはんを食べさせるのを諦めてしまいました。

ロンが13歳までドライフードとウェットフードを併用していましたが、
そのときも食欲を満たす、というより気分的に満足するため、という感じでした。
パカッと猫缶のふたを開けるとみゃあみゃあ催促はしても、
自分の分を全部食べきるということはほとんどなくて、たいてい半分程度残していました。
もともと一缶を瑠季と半分ずつ分けていたのですが、瑠季は自分の分は完食して、
そのあとロンの残したごはんを食べるのが日常でした。

病気が末期になったとき、獣医さんに好きなものを・・・と言われても
ロンがいったい何が好きなのかわからなくて、
それがとても悲しかったんです。

瑠季は、それまでも刺身のおすそ分けや、焼き魚を催促したりと
キャットフード以外のものも好きなのは分かっていました。

結局ロンのお棺には、唯一好きだったかつおぶしを一緒に入れてあげることしかできませんでした。
もうそんな思いはしたくない。
瑠季は「○○が大好物なんだよねー」
と言えるようになりたい。
そう思いました。
スポンサーサイト

<<手作り猫ごはん以前の愛猫の食事手作り猫ごはん奮闘記猫の慢性腎不全にドライフード?>>

<<手作り猫ごはん以前の愛猫の食事手作り猫ごはん奮闘記猫の慢性腎不全にドライフード?>>

コメント

  • ウチもてづくりごはんです。
  • 55.こはるママ
  • 2011年10月31日 |
  • こはるはノルウェージャンで4ヶ月目にうちにきました。私たち夫婦が長年オーガニックや低農薬、玄米食なんですが、外で食べたお肉を食べた後、気持ち悪くなったり、便秘に悩んだりということがあり、出所のわからないお肉にはなにやらこわい毒が入っていると実感するようになりました。そんな人間用の肉よりもっとレベルの低い屑肉をペットは食べさせられていると知り、手作りにしました。手間と食費はカリカリよりかかるけど、それでも医療費がかからなければ相殺だな、と思ってます。猫は基本的に生後一年以内に食べたものしか食べ物として認識しないらしいので、赤ちゃんの頃からいろんな食材を食べさせたことが今良かったと思っています。
    最初はカリカリをもらうために、食べないフリをしてたみたいなのですが、私がしばらく外出してご飯をねだってももらえないという状況を続けたら、ぺろりと平らげたのをみて、これは飼い主を動かすためのハンストだな、と思いました。こはるとそのことを話し合った結果、ばれちゃあ仕方ない、とこはるは手作りご飯を残さず食べるようになりましたよ。サバ缶が安くて簡単で食いつきがいいですね。ヤマイモとろろを好きな魚にまぜると野菜不足にいいですよ~!
  • [編集]

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くるんママ

Author:くるんママ
愛猫瑠季(16歳♀)の健康管理のため、手作り猫ごはんに挑戦しています。腎疾患が発覚したけど、元気に長生きしようね♪現在は4歳の小僧とツンデレお姫の3匹の手づくりごはんに奮闘中!

食材にも気をつけたい

自然派ペット用品

処方食・サプリ

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。