手作り猫ごはん奮闘記 > スポンサー広告 > 仔猫こそ、水分たっぷりご飯を

手作り猫ごはん奮闘記 > コラム > 仔猫こそ、水分たっぷりご飯を

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム

仔猫こそ、水分たっぷりご飯を

仔猫は比較的手作りごはん食べてくれます。
というより、最初から「これがごはんだ」と思ってくれるので
余程においがきつかったり、苦手な味だったりしない限りは食べてくれます。

でも、栄養が十分足りているか
ということが心配になってついついキャットフードをトッピングしてしまっています。
何しろ猫の手作りごはん暦3ヶ月ですから(汗)

市販のキャットフードの味を覚えてしまうと、
やはりそちらを好むようになってしまうかも!
という不安を抱えているのが現状です。

しっかし、市販のキャットフードってどれだけ嗜好性が高いんだ!

とあらためて感じています。(その嗜好性の高さがうさんくさいと感じてしまうのは私だけ?・・・ではあるまい
というのも、8月の暑さに負けて13歳の瑠季が夏バテか、
食欲ががっくり落ちてしまいました。
手作りごはんどころか、好物だと思っていたキャットフードさえ
ろくに口をつけない状態が2~3日続きました。
とにかく何か食べてくれなくては、と
とりあえず今日は猫缶だけお皿に持ってみました。

昨日は以前食べていたヒルズ食事療法食k/d缶をがっつり残してくれたので(涙)
今日は新たな味で食欲が湧くのを期待しました。
療法食 シェリング・プラウ 猫 スペシフィック 腎臓用
こちらは少し食べてくれました。
においはけっこうあります。下に手作りごはん(メカジキのムース)
を敷きましたが、そこまで到達しませんでした。

瑠季さん、何でもいいからとにかく食べてくださいぃいい!

さて、猫とお水についてです。
1日に摂る水分量ではなく、自ら飲む「お水」の量。
これ、個体差あります。
ごっくんごっくん飲む子もいれば、いくらかは飲んでいるのだろうけど、(じゃなかったら死んじゃいますから)
あまり水を飲んでいる姿を見ない子もいます。

前者が瑠季、慢性腎不全で亡くなったロンはまさに後者で
若いときこそ蛇口から出た水(水道水)は飲みたがりましたが、
汲み置きの水はあまり口をつけませんでした。

比較的水を飲んでいるなーと思っていた瑠季でさえ、
血液検査の結果は「脱水気味」!

やっぱり毎日の食事から水分を摂ることが
猫にとって如何に大事か考えさせられました。
そして仔猫の煌(キラ)ですが、やはりあまり水を飲みません。
仔猫だからなのか、男の子だからなのか、
はたまた単に個体差なのか・・・。

いずれにしても、仔猫はよく動きますし
見るからに脱水気味になりそうではないですかぁ。
ドライフードだけでなく、水分たっぷり(栄養も)の
手作りごはんが大事だなー、と思います。

がんばるぞー!

人気ブログランキングへ←ポチッと応援お願いしますm(._.)m

blogram投票ボタン←ついでにこちらもm(゚- ゚ )
スポンサーサイト

<<手作り猫ごはん、ヒトごはん手作り猫ごはん奮闘記仔猫、天然ワラサを食べてみた>>

<<手作り猫ごはん、ヒトごはん手作り猫ごはん奮闘記仔猫、天然ワラサを食べてみた>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くるんママ

Author:くるんママ
愛猫瑠季(16歳♀)の健康管理のため、手作り猫ごはんに挑戦しています。腎疾患が発覚したけど、元気に長生きしようね♪現在は4歳の小僧とツンデレお姫の3匹の手づくりごはんに奮闘中!

食材にも気をつけたい

自然派ペット用品

処方食・サプリ

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。