手作り猫ごはん奮闘記 > スポンサー広告 > 手作り猫ごはんは意外と簡単(作るのは)

手作り猫ごはん奮闘記 > 手作り猫ごはん初めの一歩 > 手作り猫ごはんは意外と簡単(作るのは)

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作り猫ごはん初めの一歩

手作り猫ごはんは意外と簡単(作るのは)

猫に野菜を食してもらう―簡単そうで難しくてやっぱり簡単?
ってどっちだーい!
と思われるかもしれませんが、まぁ、やり方次第ということです

まさか愛猫瑠季が、(いくら爆食姐さんとはいえ)
メインディッシュに添えた人参やら小松菜だのを
「あら~、美味しい お・や・さ・い♪」
なーんて食べてくれるとは思いません。

中にはお野菜を好んで食べてくれる猫様もいるかもしれません。
そんな素敵な猫様は是非ご紹介くださいな。

で、工夫を凝らすわけですな。。。

手始めにこまかーくみじん切りにしたお野菜を好みの猫缶に混ぜる。
大抵の猫様は食べてくれます。
しかーし!その時もごくごく少量からスタートです。
おすすめは小松菜です。

昔、友人のお母様は猫缶に茹でた小松菜を刻んで入れていました。
今から17年も前のことです。
あっぱれ!

そしていよいよ水分たっぷり野菜スープにチャレンジです。

野菜スープといっても、野菜の入ったスープ
という感じでチャレンジしました。
野菜を茹でる時に煮干を入れると食いつきが良くなると聞きましたが、
瑠季の場合は煮干はそれほど好きではなかったので
(煮干単体でも食べません)
鶏胸肉を一緒に煮ました。

小松菜(小さい葉の部分2枚)、人参(2㎝各)を鍋に入れ、
煮えたら鶏胸肉50gを投入。
粗熱を取ってからミルサーでペースト状に。
スープを足しながら水分を加減します。

本来は手作り猫ごはんの場合、オイルやサプリを使いますが、
この段階ではまだまだ食材に慣れてもらうのが目的なので入れませんでした。

どうせこれだけでは食べてくれないので、猫缶を混ぜ込むことになると覚悟していたし。

案の定、グズグズのスープごはんはにおいを嗅ぐまでもなく無視!

ふーっ・・・(涙)。

この時はイノーバを混ぜました。
イノーバを野菜&鶏肉スープでのばした感じ。
でも、食べてくれたので良しとしましょう(前向き~)。

こんな感じでしばらくの間、野菜スープ(原型なし)でのばした
お気に入りの猫缶食が続きました。

どのくらいかというと、一ヶ月です。

自分のごはんはもうカリカリじゃないんだ・・・

ということをわかってもらう期間ともいえます。

ブログ内関連記事(なぜスープにこだわる?)
手作り猫ごはんで水分をしっかり摂ってもらいましょう

スポンサーサイト

<<猫ごはん、猫さんの好きな水分量は?手作り猫ごはん奮闘記お口の周りがはげた!(手作り猫ごはん)>>

<<猫ごはん、猫さんの好きな水分量は?手作り猫ごはん奮闘記お口の周りがはげた!(手作り猫ごはん)>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くるんママ

Author:くるんママ
愛猫瑠季(16歳♀)の健康管理のため、手作り猫ごはんに挑戦しています。腎疾患が発覚したけど、元気に長生きしようね♪現在は4歳の小僧とツンデレお姫の3匹の手づくりごはんに奮闘中!

食材にも気をつけたい

自然派ペット用品

処方食・サプリ

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。